診療科・部門のご案内

臨床検査室(輸血管理室)

輸血管理室では、輸血全般の業務を集中的に行っています。血液製剤の払い出しから、検査、在庫調整、自己血採血・分離・保存、骨銀行(Bone Bank)として骨の保存・滅菌管理などを行っています。

血液型検査(Blood Type examin.)


血液型検査は、原則として手術を控えている患者さん、あるいは、出血が予想される治療を行われる患者さんにて、検査を行います。

血液型 日本人頻度
A型 40%
B型 20%
O型 30%
AB型 10%

また、Rh(D)検査も同時に行っています。

日本人頻度
Rh(D)+ Rh(D)-
99.5% 0.5%

不規則抗体検査(Irregular antibody examin.)

不規則抗体をあらかじめ検査することによりはじめて安全な輸血を行うことが出来ます。

● 主な不規則抗体

Rh系 抗E
抗c など
Kidd系 抗Jka
抗Jkb など
Duffy系 抗Fyb など
Diago系 抗Dia など

交差適合試験(Crossmatch examin.)

交差適合試験は、輸血をする際には必ず行う検査です。 手技的には、患者さんの血液と輸血用血液を試験管内で混和し、特に患者さんの体温付近である37℃での反応性を確認し適合か不適合かを決定します。
もちろん、適合になった血液しか輸血には使用しません。

また、輸血用血液製剤は、徹底した温度管理のもと、保管しており、安全な供給と適正使用に努めています。

自己血採血&分離(Autologous collection and separation)

待機的手術や、出血量の予測が出来る場合に自己血採血は有用です。医療センターではほとんどが整形外科領域(膝や股関節)で自己血採血を行い、使用しています。自己血採血に約10分、点滴を約1時間で、1回の貯血が終了します。 採血した自己血は、直ちに輸血管理室にて分離し、赤血球製剤と新鮮凍結血漿に分けて保存します。

<<有効期限>>
・自己赤血球製剤:採血後6週間(42日)(2~6℃にて)
・自己新鮮凍結血漿:採血後1年間(-20℃以下にて)

骨銀行(Bone Bank)

骨銀行とは、整形外科手術において主に大腿骨骨頭を手術室にて切り出し、輸血管理室にて保存し、必要時に人工大腿骨頭のセメントとして使用します。
大きく分けて、自分の骨を使用する自家骨移植、他人の骨を使用する他家骨移植とがあります。
手術室より切り出された骨頭は、滅菌処理後-80℃以下に保存します。同時に、細菌検査も実施し陰性の骨のみ使用します。

血液製剤のミニ知識(About Blood components for transfusion)

● RBC
赤血球製剤、貧血の改善等に用いられます。
有効期限:採血後21日間
保存:2~6℃
※RBCとはRed Blood Cellsの略語です。

● FFP
複合的な凝固因子の補充に用います。
(単なるアルブミンの補正には使用できません)
有効期限:採血後1年間
保存:-20℃以下
※FFPとはFresh Frozen Plasmaの略語です。

● PC
止血に最大の役割を果たす血小板の補充に用いられます。
有効期限:採血後4日間
保存:20~24℃振盪(しんとう)保存
※PCとは、Platelet Concentrateの略語です。

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.