診療科・部門のご案内

臨床検査室(病理検査室)

病理組織検査は、病変の腫瘍が良性か悪性かの診断をはじめ、悪性の場合には癌がどの程度広がっているか、リンパ節に転移がないかなど詳しく検査し、その結果により治療方針が決定される重要な検査です。胃や腸の内視鏡検査で採取した組織や手術により切除された臓器・組織が対象となります。これらの組織はホルマリン固定し、病理医による切出しの後、パラフィン包埋し、2~3ミクロンに薄切したものをスライドガラスにのせ色素で染色します。それを病理認定医が顕微鏡で観察し、診断します。必要に応じて特殊染色を行い、蛋白の発現や病原体、炎症、線維化の程度などを証明します。

術中迅速検査

術中迅速検査は、手術中に腫瘍の良悪性の判定や切除断端での腫瘍の有無、リンパ節への転移の有無などを診断し、手術方式の選択、切除範囲の決定を行う重要な検査です。 手術室から送られてきた組織を凍結(-20℃)して、薄切しスライドガラスに貼付け、染色したものを病理認定医が顕微鏡で診断します。 

細胞診断(細胞診)

病理細胞検査は、子宮癌や肺癌検診でも行なわれている検査で、綿棒やブラシなどで擦過、および針で刺して吸引採取してきた細胞をスライドガラスに塗り、染色して、がん細胞の判定や種々の病原体を検索します。

病理解剖

病理解剖は、患者様がお亡くなりになった後に、ご遺族の承諾を得て、ご遺体を解剖し,病変がどのくらい進行していたか、死因は何かなど詳細に検索するために行います。

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.