診療科・部門のご案内

先進漢方治療センター

先進漢方治療センターは、漢方医学と西洋医学の各長所を組み合わせ、新しい発想で治療する先進的な治療を行う診療科です。
平成21年4月1日に久留米大学医療センターに先進漢方治療外来を設置し、西洋医学のみならず漢方を専門に研修した医師が、他科との連携にて西洋医学的診断を行った後に東洋医学的診断法(脈診・腹診・舌診など)を取り入れて漢方薬を処方し治療を行っています。身体から発したサインである心身の症状を十分に理解し、一般的な治療で治らない症状などでお困りの患者さんのニーズに応えるべく、平成27年4月より外来の名称を「先進漢方治療外来」から「先進漢方治療センター」へ変更し、診療科を充実させています。
平成21年4月1日より日本東洋医学会専門医取得のための研修施設として認定されています。

漢方治療を行う専門領域(2018年6月現在)

現在の診療科は以下の8部門とフクロウ外来です。

●漢方精神科・漢方内科:惠紙 英昭(精神科専門医、漢方専門医・指導医、産業医)、
                沈 龍佑(精神科専門医、漢方専攻医、産業医)
●漢方小児科:田中 聡子(小児科専門医、漢方専門医)
●漢方内科:薬師寺 和昭(内科、漢方専攻医)
●漢方婦人科:駒井 幹(産婦人科・女性医学専門医、漢方専攻医)
●漢方内科・女性外来:亀尾 順子(内科・糖尿病・内分泌専門医、漢方専門医)
●漢方循環器科・女性外来:上松 章子(循環器科専門医、漢方専門医、産業医)
●漢方皮膚科:清川 千枝(皮膚科専門医、漢方専門医)
●漢方泌尿器科:黒川 慎一郎(泌尿器科専門医、漢方専攻医、産業医)
●フクロウ外来:惠紙 英昭、田中 聡子。必要に応じて上記の専門医。

※フクロウ外来は2018年8月1日より開始しております。要予約となっておりますのでご注意下さい。

「フクロウ外来」について(2018年8月開設)

フクロウ外来開設のお知らせ

 「フクロウ型体質※」の症状でお困りの方を対象とした外来です。思春期前後から成人までどなたでも受診できます。原因となる西洋医学的な疾患の有無を鑑別し、西洋医学的に異常が認められない場合でも東洋医学的にその症状を緩和するお手伝いをします。初診は精神科専門医、小児科専門医が担当し、診察、血圧測定、血液検査、エックス線検査、MRI検査、必要に応じて心電図、心エコー検査などを行います。治療は西洋医学的な治療と東洋医学的な治療を組み合わせて行います。また、循環器系、婦人科系の症状がある方は、必要に応じて、各専門分野の漢方医が治療に参加します。
診察日(初診)は毎週水曜日の午後1時から4時で、1日1名の予約制です。お問い合わせは0942-22-6111(病院代表)までお気軽にお電話ください。受診の際は、あらかじめ、ベージ下部の「問診票②(フクロウ外来専用)」を印刷して記入、持参いただいても結構です。

※「フクロウ型体質」とは

異常に朝起きが苦手で、午前中はなかなか元気に活動することが難しく、登校・通勤・家事などの日常生活に支障をきたしますが、夕方から夜にかけては比較的に症状が軽快する傾向の方がいらっしゃいます。このような方を漢方医学的には「フクロウ型体質」と言います。西洋医学的に、自律神経失調症・起立性調節障害・不眠症などの診断を受けていらっしゃることも多いです。小児では遅刻や不登校の原因にもなり、成人では家事を怠けている、仕事中にボーっとしてミスが多いなど周囲の理解が得られずに苦しい思いをされていることがあります。「フクロウ型体質」は漢方薬で体質改善、症状軽減ができる場合があります。

漢方小児科について

2009年の先進漢方治療外来開設当時からあった漢方内科・小児科部門ですが、新たに小児科専門医でもある漢方小児科医が常勤で着任したことにより、2018年5月から漢方内科と漢方小児科とに分かれてリニューアルオープンしています。小児とご家族のお困りごとに対応します。詳細は下のPDFファイルをご参照ください。

漢方小児科

漢方婦人科について

女性は、月経・妊娠・分娩・更年期・閉経といった女性ホルモンを中心とする内分泌環境の劇的な変化にともなうイベントがあり、その影響で男性と比較して多彩な心身の不調をきたし、様々な症状が出現します。
特に、ストレスフルな現代女性においては、更年期障害や月経前緊張症をはじめとした、西洋医学だけでは改善しきれない症状が増えています。これに対して、漢方治療は有効な場合を多々認めます。また、西洋薬と併用することで更に効果が増強する場合があり、実際に「ピルと漢方薬」、「ホルモン補充療法と漢方薬」といった組み合わせで治療をうけておられるかたもいらっしゃいます。この外来では、漢方治療医学・西洋医学の両面から、両者のよい点を生かしたアプローチで、女性の皆様のつらい症状の改善を目指したいと考えております。

主に次のような症状でお困りの方が対象ですが、その他のご相談も受け付けております。
月経困難症、月経前症候群、月経不順などの月経に関連する諸症状。
子宮筋腫、子宮内膜症などの良性婦人科疾患。
不妊症や産後の抑うつ状態など妊娠に関連する諸症状。
更年期世代のほてり、発汗、いらいら、不安、胸部圧迫感、頭重感、めまい、肩・首のこりなど。
その他、摂食障害、むくみ、冷え性、便秘など。

なお、婦人科的診察(内診や経腟的超音波断層法検査や婦人科癌検診など)が必要と判断される場合は、近医産婦人科もしくは久留米大学病院婦人科外来への受診をお勧めさせて戴く事がございます。あらかじめご了承下さい。

漢方婦人科

先進漢方治療センターの漢方処方:エキス剤と煎じ薬

漢方薬は、2種類以上の生薬から構成されています。一般的には服用が簡便なエキス剤を処方しますが、患者さんの病態によってはエキス剤を一種類から数種類を混合します。それぞれの患者さんに合わせて分量を調合する、まさしくオーダーメイド処方を特徴としています。そのため似たような症状を持っておられても、それぞれ処方の組み立てが異なります。また患者さんの病態によっては、煎じ薬を微調整するオーダーメイド処方も行っています。いずれも場合も保険が適応していますので、経済的負担が少なく漢方専門医の診療を受けられます。

  • エキス

  • 煎じ薬

問診票について

先進漢方治療センター受診で使用する問診票を下記に公開しております。
問診票は事前に記入していただいても、当日記入していただいても構いません。
なお、診療科により問診票の書式が異なりますのでご注意下さい。

問診票①(漢方小児科専用)

問診票②(フクロウ外来専用)

問診票③(漢方小児科、フクロウ外来以外の診療科)

外来診療医一覧

先進漢方治療センター
午前
(※要予約)
惠紙 英昭
※漢方精神科・内科
惠紙 英昭
※漢方精神科・内科
駒井 幹
※漢方産婦人科
田中 聡子
※漢方小児科
上松 章子
※女性外来・漢方内科・循環器科
薬師寺 和昭
※漢方内科
惠紙 英昭
※漢方精神科・内科
午後
(※要予約)
惠紙 英昭
※漢方精神科・内科
田中 聡子
※漢方小児科
惠紙 英昭
沈 龍佑
※漢方精神科・内科
田中 聡子
※漢方小児科
惠紙 英昭
田中 聡子
※漢方精神科・フクロウ外来
清川 千枝
[惠紙 英昭]
(第3のみ)
※漢方皮膚科
亀尾 順子
※漢方内科・女性外来
黒川 慎一郎
※漢方泌尿器科
田中 聡子
※漢方小児科

担当医師紹介

惠紙 英昭
(えがみ ひであき)
教授・副院長
先進漢方治療センター長
常勤
専門分野漢方、臨床精神薬理、思春期精神障害、緩和ケアにおけるメンタルケアなど

神経精神医学講座
先進漢方治療センター

医学博士
精神保健指定医
日本東洋医学会 専門医/久留米大学医療センター 指導医
日本東洋医学会 専門医/久留米大学病院 指導医
日本精神神経学会 専門医/指導医
日本総合病院精神医学会 専門医/指導医
日本臨床精神神経薬理学会 専門医/指導医

日本東洋医学会
第三医学研究会(漢方)
日本精神神経学会
日本臨床精神神経薬理学会
日本総合病院精神医学会
(評議員、診療報酬問題委員副委員長)
日本精神科救急学会(評議員)
日本時間生物学会(評議員)
日本サイコオンコロジー学会(代議員)
日本緩和医療学会(代議員)
日本生物学的精神医学会
日本睡眠学会
日本医学教育学会
九州精神神経学会
日本環境感染学会など

田中 聡子
(たなか さとこ)
助教
常勤
専門分野小児科、小児腎臓病、漢方

久留米大学医療センター小児科
先進漢方治療センター

日本小児科学会 専門医
日本東洋医学会 専門医

日本小児科学会
日本小児腎臓病学会
日本東洋医学会
日本小児東洋医学会
日本小児漢方懇話会

駒井 幹
(こまい かん)
講師
非常勤
専門分野更年期、閉経後骨粗鬆症 他女性医学(ヘルスケア)、婦人科腫瘍、漢方

産婦人科学講座
先進漢方治療センター

日本産婦人科学会 専門医/女性医学専門医
日本骨粗鬆症学会 専門医
日本東洋医学会 専攻医

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本婦人科腫瘍学会
日本癌治療学会
日本癌学会
日本骨粗鬆症学会
日本臨床細胞学会
日本東洋医学会
北米閉経学会(NAMS)

薬師寺 和昭
(やくしじ かずあき)
特命医師
非常勤
専門分野内科、漢方

先進漢方治療センター

日本内科学会
日本東洋医学会

亀尾 順子
(かめお じゅんこ)
特命医師
非常勤
専門分野漢方内科、女性外来

先進漢方治療センター

日本糖尿病学会 専門医
日本内分泌学会 専門医
日本内科学会 専門医
日本東洋医学会 専門医

日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本内科学会
日本東洋医学会

清川 千枝
(きよかわ ちえ)
特命医師
非常勤
専門分野皮膚科、漢方

先進漢方治療センター

日本皮膚科学会 専門医
日本東洋医学会 専門医

日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本東洋医学会

沈 龍佑
(しん りゅうすけ)
助教
非常勤
専門分野精神科、鍼灸、漢方

神経精神医学講座
先進漢方治療センター

精神保健指定医
日本精神神経学会 専門医
日本東洋医学会 専攻医

日本精神神経学会
日本東洋医学会

黒川 慎一郎
(くろかわ しんいちろう)
特命医師
非常勤
専門分野泌尿器科、漢方

熊本大学大学院生命科学研究部 泌尿器科学分野
先進漢方治療センター

日本泌尿器科学会 専門医
日本医師会 産業医
日本東洋医学会 専攻医

日本泌尿器科学会
日本東洋医学会
日本泌尿器科内視鏡学会

上松 章子
(うえまつ あきこ)
助教
非常勤
専門分野循環器科、女性外来、漢方

久留米大学医学部内科学講座(心臓・血管内科部門)
先進漢方治療センター

日本内科学会 専門医
日本循環器科学会 専門医 
日本東洋医学会 専門医

日本内科学会
日本循環器科学会
日本東洋医学会
日本高血圧学会

七種 祐衣子
(さいくさ ゆいこ)
特命医師
非常勤
専門分野漢方

先進漢方治療センター

日本東洋医学会

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れ外来
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.