診療科・部門のご案内

薬剤室

「心が通い信頼される医療」のもと、私たち薬剤師は、患者さんが安心・安全で適正な薬物療法を受けていただけるよう、そして薬の専門家としてスタッフから信頼されるようにチーム医療の一員として働いています。現在、薬剤師11名助手2名で日々頑張っています。

調剤

処方せんをもとに、薬が正しい量で処方されているか、飲み方が合っているか、飲み合わせの悪い薬がないかなどを確認します。この時に医師に確認することがあります。その後、処方された医薬品の取り揃えと監査を行います。当院では外来患者さんのお薬は、原則として「院外処方せん」を発行し、院外の保険薬局で受け取っていただくことになっております。
 

注射薬供給

薬の名前、投与量や投与経路、相互作用の有無、配合変化や点滴速度などについて確認を行い、医薬品の適正使用と正確な取り揃えに努めています。その際、施用ごとにセットして払い出しています。

注射薬調製

注射調製室に安全キャビネットとクリーンベンチを設置し、それぞれ抗がん剤調製とTPN調製を薬剤師が無菌的に行っています。特に、抗がん剤に関しては電子カルテ上でレジメンを管理し、薬剤師が100%調製しています。投与量や投与速度を確認するとともに、副作用対策等を行うことで安全な化学療法を提供できるよう努めています。

薬物治療モニタリング(TDM)

当院では、主に抗菌薬であるバンコマイシン・テイコプラニンに対してTDMを行っています。薬物血中濃度、臨床検査値から患者さんに最適な投与量・投与方法を設定し、医師に対して処方提案をしています。

院内製剤調製

市販されているものでは対応できない薬剤は、薬剤師が調製をしています。院内製剤は安全性が求められるため、薬剤師は清潔な環境下で正確な調製を行っています。

医薬品情報管理

医薬品に関する様々な情報を収集・整理・保管し、日々の業務に活用しています。また、医師をはじめとした医療スタッフへ、医薬品安全性情報などを速やかに情報提供しています。

治験薬管理

臨床試験センターと協力し、治験薬(厚生労働省の製造承認を得る前の、治療効果を調べている段階の薬剤)の納入・回収、保管管理、調剤・交付・使用状況の記録をし、適正に治験が行われるようにしています。

病棟業務

患者さんが、入院期間中さらには退院してからも薬を安心して服用していただけるように、薬剤師がベッドサイドで、薬の効果、副作用、服薬に関する注意事項など、薬の情報についての説明や質問にお答えしています。持参薬やアレルギー歴などの確認を行うとともに、新しく始まった薬の副作用や相互作用のモニタリングをすることで、効果的かつ安全な薬物療法が行われることを目指しています。病棟の医師や看護師、その他のメディカルスタッフと連携をとりながらチーム医療を実践しています。

チーム医療

チーム医療では医師、看護師、薬剤師などの各職種が専門性を活かし、緊密に連携・協力しながら、患者さんの生活の質(QOL)の維持・向上をサポートしています。現在、薬剤師は感染対策チーム(ICT)・栄養サポートチーム(NST)・褥瘡ワーキンググループ・心臓リハビリチーム等の一員として参画しており、薬の専門家として薬剤師の立場から患者さんの薬物療法をサポートしています。

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.