診療科・部門のご案内

栄養室

病院給食は、入院患者さん個々の病態に応じて適切な食事を提供し、疾病の治療あるいは心身の回復を図ることを目的とする治療の一環です。医療センターの給食は、疾病治療のために医学的・栄養学的な質と量をコントロールしながら文化性とホスピタリティあるサービスの提供をしています。

食事の提供

【食事の種類】

一般食と特別治療食があります。

一般食 常食、軟菜食、三分粥食、重湯流動食、小児食、など
特別治療食 エネルギーコントロール食、たんぱく質コントロール食、脂肪コントロール食、大腸食など

※特別治療食は食事療法が必要な患者さんに提供される食事です。 

【食事サービス】

食事時間 朝食は8時、昼食は12時、夕食は18時です。
適温給食 温冷配膳車を使用し温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態で召し上がって頂けます。
食堂 病棟に食堂がございます。病室、食堂のどちらでも召し上がって頂けます。
選択メニュー 一般食、特別治療食(一部食種を除く)において、毎日(昼食、夕食)の主菜を選ぶことができます。朝食についてはご飯又はパンを選べます。

Aコース…基本コース
Bコース…魚介類コース
Cコース…肉類コース

※基本コースでは肉料理と魚料理を交互に提供いたします。 
※特別治療食の一部食種では魚、肉を制限いたします。 
※このサービスに関して患者さんに特別な自己負担はありません。 
主食量について 一般食(常食・軟菜食)においては、主食量の選択ができます。
行事食 食事は楽しみのひとつ。季節感を味わって頂くため行事食を実施しています。
その他の対応 患者さんのご要望に応じて、牛乳からコーヒー牛乳への変更、薬との相互作用による特定の食品の中止、食物アレルギー、歯の悪い患者さんには刻み食、嚥下の困難な患者さんにはとろみをつける、低栄養の患者さんにはカロリーアップの補助食品をつけたりと様々な対応を行なっております。
※食種内容によっては対応を制限する場合もあります。

 

人気メニューの天ぷら

栄養指導

個別指導 入院、外来の患者さんを対象に毎日(土日祭日を除く)行なっております。
集団指導 エネルギーコントロール、減塩、動脈硬化とテーマを変えて火曜日、木曜日に行なっております。
診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.