診療科・部門のご案内

リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンターでは患者さんの状況に応じて理学療法・作業療法・言語聴覚療法を実施しています。入院および外来患者さんのより良いパートナーとしてリハビリテーション業務を行えるようスタッフ一同努めています。

リハビリテーションに関する施設基準

心大血管リハビリテーション料(I)
脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
運動器リハビリテーション料(I)
がん患者リハビリテーション料
回復期リハビリテーション病棟(3)
地域包括ケア病棟(2015年11月開設)

スタッフ紹介

[センター長]
志波 直人 整形外科主任教授
[専任医師]
名護 健 講師
田中 順子 助教
[特命医師]
荻野 美佐 助教
馬場 敦子 助教
柳 東次郎 助教
猿渡 敦子 助教
理学療法士 19名
作業療法士 5名
言語聴覚士 1名
リハビリ助手 1名

部門紹介

リハビリテーションセンターは本館1階東側に設置されています。

◎ 理学療法

理学療法は術後の患者さんや、障害をお持ちの方、高齢の方に対し、一日も早く家庭復帰し社会生活を取り戻せるように身体機能の向上を図り、歩行などの基本的な動作能力の回復を目指します。
当院では関節疾患に対する手術を受けた患者さんに対して、痛みに合わせて術前あるいは術後早期からリハビリテーションを進めますので、より早期の退院を可能にします。
また術後の患者さんのみならず、心臓リハビリテーションやスポーツ理学療法など、幅広い疾患に対して運動療法と物理療法を併用し、より安全で質の高い日常生活を送れるように援助を行っています。

◎ 心臓リハビリテーション

急性期から家庭復帰まで、医師、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーとともに「心臓リハビリテーション」に取り組んでいます。高血圧、不整脈、ペースメーカー植込み術、狭心症、心筋梗塞、心不全など様々な循環器疾患の方が少しでも楽に日常生活が送れるよう一人ひとりの症状、体力に合わせて運動を行なっていきます。

◎ スポーツリハビリテーション

2015年4月よりスポーツを専門とした理学療法士・作業療法士を揃え、スポーツリハビリテーション部門が始まりました。障害発生後の急性期から手術へ向けての術前リハビリテーション、手術後のスポーツ復帰へ向けたリハビリテーションだけではなく、手術を行わない方々に対しての保存療法を行っています。
スポーツ選手のリハビリテーションは患部のみにとらわれず、競技復帰後の再発予防やパフォーマンスの向上を目指します。また、競技特性を考慮したコンディショニングや筋力強化、動きづくりといったアスレチックリハビリテーションを積極的に行い、より安全により早期に競技復帰できるようサポートしています。
プロやトップスポーツを行っているトップアスリートだけでなく、小中学生やレクリエーションとしてスポーツを楽しむスポーツ愛好者まで幅広いアスリートを対象としています。
さらに今後は、近隣のスポーツ選手や指導者に対するスポーツ傷害に対する講習会等も行っていく予定としており、幅広い活動を目指しています。

◎ 作業療法

作業療法は生活行為に焦点を当てた専門職です。対象となる方々の食事やトイレなどの日常生活活動から家事などの手段的な生活活動、また仕事などの社会活動への復帰に向けて幅広く支援を行なっています。
当院では整形外科疾患を中心にリウマチや内部障害および脳血管障害などにより生活行為に障害を呈した方々が日常生活に復帰するための機能ならびに能力の向上を図る作業療法を行なっています。また、必要に応じて生活を助けるための道具(自助具)の作製や状態に合わせた生活道具(福祉用具)の選定などを行ない、より良い生活が送れるよう患者さんだけでなくご家族に対してのサポートも図りながら復帰に向けた支援を行なっています。

◎ 言語聴覚療法

対象は脳血管疾患等による失語症や構音障害、高次脳機能障害を含めたコミュニケーション障害および摂食・嚥下障害の患者さんに専門のリハビリテーションを提供しています。コミュニケーション障害も摂食・嚥下障害も目には見えにくい障害です。患者さん一人一人の症状に合わせて、ご本人はもちろんご家族メンタルサポートを心がけながら機能改善・家庭復帰・社会復帰を目指し、患者さんやご家族が少しでも自分らしく生活できるようなサービスの提供に努めています。 

◎ その他

三次元動作解析室

当院の特色

◎ 回復期リハビリテーション病棟

2014年10月より回復期リハビリテーション病棟(50床)を開設しています。回復期リハビリテーション病棟では、股関節や膝関節置換術後、大腿骨頸部骨折、脳血管疾患等の患者さんに対して、日常生活活動の向上による社会復帰を目的とした集中的なリハビリテーションを行っています。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーの多職種による定期的な病棟カンファランスに加えて、患者さんやご家族、ケアマネージャー等を含めたケア会議を行うこともあります。また、必要に応じて家屋調査やご家族への介助方法の指導、外泊練習、退院時の自主練習指導などを行い、スタッフ一同で患者さんの早期の在宅復帰、社会復帰を目指しています。

◎ 病棟カンファランス

回復期リハビリテーション病棟にて医師、看護師、リハスタッフ、医療連携室合同でのカンファランスを行なっています。

◎ リハビリテーションカンファランス

毎週木曜日に医師、リハスタッフ、回復期リハビリテーション病棟看護師、医療連携室合同でのカンファランスを行っています。

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.