診療科・部門のご案内

臨床検査室(生理検査室)

生理検査室では心電図検査をはじめ、色々な検査機器を使い各科の医師と連絡をとりながら患者さんの身体の情報を調べる検査を行っています。

受付について

受付では診察券と一緒に受診票をお預かり致します。検査の種類によって検査時間は異なりますので、お呼びする順番が前後する場合があります。あらかじめご了承下さい。検査室に入られたとき、検査の前にお名前を確認しています。間違いを防ぐ為に行っていますので、ご協力をお願いします。

超音波検査

超音波検査とは超音波(人間の耳では聞こえないくらい高い周波数の音)を体の外からあて、臓器・組織から返ってくる反射波(エコー)を画像として表示することで、体の中の構造や血液の流れなどの情報を調べる検査のことです。被爆や痛みを伴わない安全な検査とされています。

● 腹部エコー
主に肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・消化管・大動脈などを観察します。造影剤(ソナゾイド)を用いた造影超音波検査にも対応しています。
● 心エコー
主に心臓の構造や動き、血液の流れなどを観察します。
● 表在エコー
甲状腺や乳腺、リンパ節、皮下組織などの表在臓器を観察します。
● 血管エコー
主に頚動脈や下肢血管(動脈・静脈)などの血管を観察します。
● その他
リウマチの炎症の有無、関節など必要に応じて多様な部位を観察します。

甲状腺における穿刺吸引細胞診(FNAC)や、超音波ガイド下でのボトックス療法の補助、腹腔内膿瘍ドレナージ、経皮経肝胆管ドレナージの穿刺補助なども行っています。

【検査を受けられる方へ】
・皮膚にゼリーを塗り、検査機器を体に直接あてて検査を行うため、必要に応じて衣服を脱いでいただくことがあります。
・ 画像を見やすくするために部屋を暗くして検査を行います。
・ 検査中、体の向きの変更や息止めをしていただくことがあります。
・ 検査部位や症状によって検査時間は様々です。
・ 腹部エコーは早朝空腹時、膀胱充満時での検査が望ましいとされています。
・ 少しでも不安なことがあれば、遠慮なくお申し出下さい。
より良い検査のために、皆様のご協力をお願いします。

心電図検査

標準12誘導、歩行負荷心電図等を検査します。心電図は不整脈、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心臓肥大などの有無を調べます

ABI/CAVI検査

四肢の血管の血圧を測り、血管のしなやかさ、動脈硬化を調べます。

運動負荷検査

トレッドミル(動く歩道)エルゴメーター(自転車)を用いて運動を行い心電図、血圧等の変化を調べます。虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や不整脈の検出及び診断を行います。この検査は医師により行われます。

呼吸機能検査

肺の容積や換気機能のレベルを調べる検査です。肺の病気の診断や重症度などを調べ、治療効果の判定や、手術前の麻酔法の選択の時にも利用します。鼻から息が漏れないようにクリップで摘み、マウスピースをくわえて技師の指示に従って大きく息を吸ったり吐いたりします。できるだけ最大の値を得るためには、患者さんの努力と協力が必要ですので、協力しあって検査を進めていきます。

脳波検査

意識障害、頭痛、痙攣等に必要な検査です。睡眠脳波の検査時にはお薬を使いますのでご自身による車での来院はお避け下さい。

神経伝導検査

四肢の痺れ、痛み等があり末梢神経障害が疑われる場合に検査が行われます。

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.