診療科・部門のご案内

医療安全・感染対策室(医療安全対策室)

医療のすべての領域における質の向上と安全の確保を図ることを目的に、平成14年9月から医療安全管理対策委員会を設置し活動してきました。平成25年10月1日には、その委員会との連携による、より実効性のある医療安全対策を組織的に推進するために医療安全対策室の設置と医療安全管理者が配置されました。

久留米大学医療センター医療安全管理規定

久留米大学医療センターにおける医療の全ての領域の安全の確保、安全管理体制の確立、指導体制の確立、情報の共有及び伝達の円滑化並びに医療教育の充実を図り、医療事故の発生防止に努めています。また、医療の基本理念である患者の生命の尊厳と権利の尊重及び患者との信頼関係のもとに安全な医療の確立と医療の質の向上を目指すことを目的にしています。

医療に係る安全管理のための指針

医療安全管理者の主な業務

・インシデント・アクシデント報告の収集、分析、関連部署の改善対策の検討と確認を組織横断的に取り組む
・医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知
・医療安全研修の企画・運営に関して計画・実施
・医療安全に関するマニュアルの作成、見直し、整備
・医療安全に係る院内各委員会との連携調整
・医療安全の推進に関すること
・医療事故発生時の対応
・安全に関する患者、家族の相談窓口対応
医療安全管理者が、組織的な対策が必要と判断した事案に対しては、毎週1回の安全対策室カンファランスで提議し、医療安全管理体制の強化につなげています。

医療安全管理活動

医療安全管理
対策委員会
毎月
第4火曜日
医療のすべての領域のおける質の向上と安全の確保を図ることを目的に病院副院長を医療安全管理対策委員長とし、各部署の安全責任者を委員として毎月1回の定例委員会を開催しています。
リスクマネジメント
部会
毎月
第3火曜日
医療事故の内容を具体的に分析・検討を行い、事故防止策の提言を行うために各部署のリスクマネジャーの中から職種別に各々若干名を医療安全管理対策委員長が選出して毎月1回開催しています。
安全対策室
カンファランス
随時
および
毎週月曜日

医療安全管理対策委員長、リスクマネジマント部会長、看護部長、看護副部長、薬剤室室長、ME技師、事務2名、医療安全管理者で、近々の安全情報をスタッフにどのように周知さるか、報告書の検証及びシステム的改善をどのように進めていくか等の話し合いをしています。

医療事故対策委員会 随時 事故が発生した場合、組織として速やかに対応します。
医療安全全体研修会 年2回以上 医療法に基づく年間2回の安全研修会に職員が100%出席できるように6回~7回の研修会を企画し、安全と感染の合同研修会も開催しています。
インシデント・
アクシデント・
合併症レポート
報告体制
随時および
毎週月曜日
医療安全管理者が安全対策室カンファランスで報告件数と警鐘事例の報告をしています。提出されたレポートより患者安全の対策、事象の共有、システムの改善などに継げることができています。少しずつではありますがこの報告体制で医療の質が改善されていると実感しています。また、当院の医療の透明性を確保するために合併症レポート報告体制を平成27年9月から導入します。
5Sラウンド 年3回 各部署のリスクマネジャーで4つのグループを編成してチェックリストに添ってラウンドをします。
医療安全管理者巡回 各入院棟
(毎月第2・4週)
外来、手術室
(毎月第3週)
各部門(年3回)
現場の業務内容、整理整頓の現状、患者ベットサイド環境、患者の声などを確認しています。改善を求める内容は写真を撮り、管理者の見解を書き、現場にフィードバックしています。現在、もっと充実した巡回ができるように検討しています。
リスクマネジメント
看護部小委員会
毎月第2火曜日

看護部7部署のリスク委員で構成されています。インシデント・アクシデントの振り返り、情報共有は必須です。医療安全に対する組織的活動を通して、看護の質を高めて患者、家族が安心・安全な医療を受けることができることを目的に、年間の活動計画を立案し目標達成に向けて活動しています。全職員対象のKYT研修会の企画、運営も実施しました。
 

安全対策室便りの発行 随時および年2回

報告書の集計と報告書から組織的対策をとった事例とその対策を振り返る目的で発行しています。

患者の皆さまへ

◎ 患者確認について

私たちの病院では、採血、治療、検査、受付、などで患者さん間違いを防止するために患者さんご本人に名前を名乗って頂いています。患者さん間違いで、大きな医療事故にならないためにも患者さんご本人に名乗って頂き、確認することが一番の対策であると思います。患者さんがご自分で名乗ることができないときは、家族の方へ確認をお願いすることもありますのでご協力をよろしくお願いいたします。

◎ 転倒・転落予防について

私たちの病院では、安全で快適な入院生活を送って頂けるよう、環境を整えて転倒転落防止に努めています。高齢の方は特に転倒しやすい上に、入院という環境の変化とベット上の生活が多くなり筋力低下が生じて、転倒の危険性が増します。転倒・転落を起こさないためには、患者さん・ご家族のご協力が必要です。私たち医療者と相談しながら、安全で快適な入院生活を送りましょう。

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.