診療科・部門のご案内

看護部(働きやすい環境)

3階東入院棟

3階東入院棟は、循環器内科、内分泌代謝内科、皮膚科などの患者さんが入院され、急性期から慢性期まで、病状に応じた看護を行っています。看護師の知識や資格を活かし、患者さんに寄り添った看護に努めています。また、新人看護師の個性を尊重した教育・指導を行ない、「ここに就職して良かった!」と思えるあたたかい病棟です。

3階西入院棟

3階西入院棟、整形外科病棟では、整形外科看護の卓越した知識と技術を持ち、地域とつなぐジェネラリスト(JSEN:久留米大学医療センター院内認定看護師関節外科エキスパートナース)の育成を行い、そのJSENを中心に、より専門性の高い看護を提供しています。
医師、看護師をはじめ、リハビリ療法士、医療連携室スタッフ、薬剤師など多職種による医療チームが協働しながら患者さんに「安全で安心な質の高い医療の提供」ができるように頑張っています。

4階東入院棟

4階東入院棟は、早期の在宅復帰・社会復帰を見据え、医師・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカーと共に、毎日カンファレンスを行っています。
訓練で身に付けた能力を日常化する為に、入院生活の全てがリハビリの場と捉え、実際の生活場面において自分で出来る日常生活動作を実行していくための支援をしています。 
 

4階西入院棟

4階西入院棟は、「地域包括ケア病棟」です。内科・外科問わず、急性期医療を終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さんに対し在宅復帰に向けて医療管理、診察、看護、リハビリを行う事を目的とした病棟です。患者さんの生活の視点を大切にし、「おうちへ帰ろう」を合言葉に、リハビリスタッフ・医療連携室スタッフなどと協力しながら、チーム医療でがんばっています。
 

5階東入院棟

5階東入院棟は、消化器内科、リウマチ膠原病科、小児科、フットケア科、総合診療科の混合病棟で、0歳から90歳代まで成長の段階から終末期のケアを通じ、人生の歩み、尊さを感じる毎日です。安全を心がけ、「また5階東に入院したい」と言って頂ける入院棟を目指しています。スタッフの年齢層も広く、家庭的で互いに声をかけ協力し、笑顔がたえない病棟です。

外来

外来は「患者さん一人ひとりとの繋がりを大切にします」を目標に、スタッフ全員で看護の質の向上に努めています。豊富な知識と技術を持った看護師がそろっており、また殆どのスタッフが仕事と育児を両立するため支援し合っています。病院の顔としていつも笑顔を絶やさず、温かい看護の提供を心がけています。

手術室

手術室では、肩・肘・股・膝・足関節などの関節疾患やスポーツ等による外傷に対して整形外科手術を中心に行っています。
また、皮膚科、フットケア科等の手術も行っています。
患者さんに安心して手術を受けていただけるよう、チーム一丸となって、「安心・安全・安楽な手術」を目標に、患者さんに寄り添った看護を行っています。

医療安全・感染対策

医療安全管理者専従看護師と感染管理認定看護師が、病院の安全・安心な医療を提供するための基盤となる安全・感染の活動を、組織横断的に行なっています。私たちは、患者さん、ご家族の方に「医療センターは安心して通院・入院ができる病院です。」と言っていただける病院を目指します。

医療連携室

医療連携推進室は、看護師2名とMSWが協働して、外来受診や入院される皆様の不安を軽減し、安心して療養していただくための相談窓口です。
また、地域の訪問看護師やケアマネジャー、かかりつけ医と連携し、住み慣れた地域で自分らしく生活できるよう、退院支援に力を入れています。

一年間の行事

診療科・部門のご案内
診療部門
総合診療科
消化器内科
循環器内科
精神科
小児科
内分泌代謝内科
整形外科・関節外科センター
リハビリテーション科
リウマチ・膠原病センター
皮膚科
泌尿器科
足病変・皮膚潰瘍治療外来
眼科
放射線科
麻酔科
病理診断科
呼吸器内科
先進漢方治療センター
プライマリ・ケアセンター
もの忘れセンター
がんワクチンセンター
禁煙外来
セカンドオピニオン外来(乳腺病理)
看護部門
看護部
技術部門
画像センター
リハビリテーションセンター
栄養室
薬剤室
臨床検査室
臨床工学室
事務部門
医療安全・感染対策室
医療連携室
専門医・指導医
専門医・指導医について
診療受付時間
  • 久留米大学病院
  • 久留米大学
  • 久留米大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部看護学科
  • 久留米大学病院治験センター
ページトップへ
© Copyright Kurume University Medical Center All right reserved.